feji.me

pale fire

June 23, 2020

これは彼がラングトン氏に話した滑稽な話、つまり良家の出のある若い紳士のあさましい状態についての話を思い起こさせる。「この前あの若い紳士の噂を耳にしたとき、その紳士は猫に発砲しながら町を駆け回っていたそうですよ」それから一種心地よい夢想に耽りながら、彼は自分の愛猫のことを思い出していた。そしてこう言った。「でも、ホッジを撃っちゃいけない。いや、いや、ホッジを撃っちゃいけない」

-ジェイムズ・ボズウェル『サミュエル・ジョンソン伝』