feji.me

夢と現実を区別する方法(未検証)

April 14, 2020

ボルヘスの短編集「伝奇集」には彼自身が最高傑作といった「南部」という作品が載っている。その作品は主人公が最後にあるロマンティックな死を遂げるわけだが、彼が死ぬその瞬間まで流れていたいくつかの瞬間は彼自身がある日列車の中で昼寝していた時に見た夢の中なのか、事故で手術を受けるときに施された麻酔による夢でのできごとなのか。という話である。

人間は時間のなかに、連続のなかに生きているが、魔性の動物は現在に、瞬間の永遠性のなかに生きているのだから、彼らはいわばガラスでへだてられているのだ